概要

設  立     昭和41年1月21日

認 可 番 号  長野第502号

設立当初受益面積 757ha (H28年度賦課面積561ha)

設立当初組合員数 1,483名(H28年度現在)

 

地区の概要及び地質

本地区は、須坂市の市街地の北東部、上高井郡高山村の一市一村に及ぶ地帯で、千曲川の支流松川によって形成された扇状地を一円とする、樹園地帯である。
この地区757haに畑地かんがいを行い、基幹作物であるりんご、ぶどうを主体とする主産地を形成、経営の合理化を図る目的である。このために畑地かんがい施設の維持管理を効果的に行い、経営の基礎を確立しようとするものである。
標高は340~485mの範囲で、平均1/25の西南傾斜地である。地質は洪積層の上に沖積層の礫層が堆積しており、表土は軽埴壌土、下層は礫土となっている。      

畑地かんがいの概要       

地区西方を流れる、八木沢川に建設したラバーダムより取水し、開渠、暗渠導水路をへて第1揚水機場に集水し、ここより揚水機で送水管をへて第2揚水機場吸水槽に送水される。第2揚水機場も同様に吸水槽から揚水機で第3機場に送水される。

Posted by hitakihara